プロ野球投手の変化球の握り方・投げ方を研究する変化球大百科

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

変化球大百科 henkakyu.net

昔はカーブと直球だけを持ち球にするピッチャーがほとんどでしたが、今では数種類の変化球を習得することが当たり前の時代となってしまいました。

年々向上するバッターの技術に対応していくため、ピッチャーたちがいろんな対策を講じた結果、現在のような変化球の多彩さへと繋がっていきました。

そして、野球の変化球は今や科学の対象となるまでに至ったのです。

変化球を投げるには

変化球はボールの回転を制御することによって生まれます。横向きの回転を加えたり、縦方向の回転を加えたり、あるいはナックルボールのように回転をかけないことを意識する変化球もあります。

これらの変化球を投げるための共通するポイントは二つです。

一つはボールの握り方

どの指をどの縫い目にどの向きでかけるのか。自分がかけたい回転に対してどのようにボールを握ればその回転が最もかけやすくなるのか、これを追求することにあります。

もう一つは投げ方、リリースの仕方

リリースの瞬間、手首をどのように使って(ひねるのか固定するのか)、どの指に意識をして(中指なのか人差し指なのか薬指なのか)、最後にどの方向にどういうイメージをもって回転をコントロールするのか、これを追求することにあります。

そして、最も重要なのは、たとえばカーブという変化球一つをとっても、それぞれのピッチャーで握り方も投げ方も異なっていて全く同じカーブというのは存在しないということです。

つまりあなたが投げる変化球はあなた自身で見出していくしかないのです!

(逆に言えば「カーブの握り方はこうだ!」というのはナンセンスなのです)

変化球をマスターするには

しかし、最初から自分で握り方から投げ方を考えていくのは大変なことですし、何の手がかりもないまま闇雲に握り方を考えても時間のロスになるだけです。

そこで参考になるのが、プロ野球投手の変化球の握り方や投げ方です

プロ野球投手の変化球の握り方はとても繊細で、指のどの部分に力を入れているのか、リリースの瞬間は何を意識しているのかとても明確です。

これを真似するところからあなたの変化球が誕生します。あこがれのピッチャーの変化球を真似てみるのもいいですし、ひとつひとつ実践してみて自分に合う変化球を捜していくのもいいと思います。

実際に多くのプロ野球投手が最初は誰かに握り方と投げ方を教えてもらい、そこから自己流に改良していっているのです。

変化球大百科では

変化球大百科では、様々なメディア情報を基にプロ野球投手の変化球の握り方・投げ方・軌道・速度等を徹底的に研究し、オーバースローからアンダースロー、草野球・少年野球からプロ野球投手まで(!)全てのピッチャーに役立つ情報を発信していきます。

今後、1970年代以前の変化球から昨今のエース級のピッチャーが投げる変化球まで、さらに多くの変化球を対象に紹介していく予定です。

[スポンサードリンク]

最新情報

オーバースロー
小川泰弘投手のチェンジアップの握り方・投げ方
小川泰弘投手のチェンジアップの握り方・投げ方です。全投球の5%くらいで、主にカウントを取りにいくときに使っているようです。 握り方 人差し指と薬指でボールをはさみ、親指と小指をそれぞれの指の下に添えてボールを固定します。・・・
カットボール
マリアノ・リベラ投手カットボールの握り方・投げ方
メジャー歴代最高の652セーブをあげ、2013年に引退した伝説の巨人、元ヤンキースのマリアノ・リベラ投手カットボールの握り方・投げ方について動画を交えて紹介します。握り方は彼のフォーシームのファストボールと同じ握り方。そこから人差し指を使って回転を加えます。リベラの人差し指先にはタコができるほど、強い回転を加えていたようです。前投球の8割がカットボールでありながらもバッターが最後まで手を焼いたのは、リベラが複数のカットボールを使い分けていたからです。引退試合ではメンバーと抱き合い号泣しました。
オーバースロー
金子千尋投手カットボールの握り方・投げ方
金子千尋投手のカットボールの握り方と投げ方について紹介します。フォーシームのストレートの握り方から縫い目二個分薬指のほうにずらして握ります。縫い目の向きも重要です。リリースの瞬間は中指にやや力を加えて投げます。決して変化球を投げているという意識は持たず、ストレートだとおもって投げるのだそうです。球速はストレートからやや遅くなる程度です。右バッターの外角から外に逃げていくコースを狙います。
コラム
あなたの変化球はなぜ曲がらないのか?(回転系の変化球編)
野球の変化球はなぜ曲がるのか?から変化球の習得方法について解説します。変化球はボールに回転を加えることによって生じるマグナス力によって変化します。マグナス力はベルヌーイの定理によって気圧差が生じることによって生まれ、回転数に比例して大きくなります。野球の変化球が曲がるのはこのマグナス力と重力による効果です。つまり変化球の習得はいかにボールに回転を加えるかに尽きます。握り方よりもリリースの瞬間のイメージをもって取り組むことが大事です。またフォームを変えてまで変化球を習得することは本末転倒でありお勧めしません。
サイドスロー
潮崎哲也投手速いシンカーの握り方・投げ方
魔球といわれたサイドスロー潮崎哲也投手のシンカーの握り方と投げ方です。99年頃から投げ始めたという120㌔代の速いシンカー(高速シンカーと呼ばれていた)の握り方・投げ方について紹介します。
サイドスロー
潮崎哲也投手遅いシンカーの握り方・投げ方
魔球といわれた西武ライオンズ潮崎哲也投手のシンカーの握り方と投げ方について紹介します。カーブと逆の発想で編み出したというだけあって、握り方も投げ方も左投げのカーブを右手で実現していると言えます。握り方はバルカンチェンジのようにも見えますが、実際ははさんでいるわけではなく、リリースの瞬間は人差し指と中指で強烈な縦回転を加えます。
オーバースロー
菊池雄星投手 スライダーの握り方・投げ方
菊池雄星投手の右バッターの膝元に食い込んでくるスライダーの握り方と投げ方を紹介します。フォーシームからややずらしたような握り方です。人差し指と中指を縫い目にかけその二本を地面にたたき付けるようにしてリリースします。
スライダー
伊藤智仁投手 スライダーの握り方・投げ方
いまや伝説にもなったヤクルト伊藤智仁投手のスライダーです。高速スライダーとも言われ、全盛期は130㌔後半のスピードで突然打者の手前で急激に曲がるその変化はもはや漫画の世界。人差し指と中指を縫い目にかけて握り、投げるとき瞬間に強烈な横回転を加えます。全盛期の頃は右バッターの背中をめがけて投げていたそうです。
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

このページの先頭へ