佐々木主浩のフォークの握り方・投げ方

球種別[スリークォーター, フォーク・スプリット, 佐々木主浩]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

”大魔神”佐々木のフォークです。9回裏1点差であっても佐々木の登場でホームの客の大半は帰ってしまうほどの脅威でした。

握り方

ボールの向きはフォーシームで、人差し指の第一関節と第二間接の間で縫い目にかけます。親指や薬指は軽く添えるだけで、人差し指と中指で奥までしっかりと挟みます。

下の写真の握りでは右バッターの内角に滑るように落ちます。ボールを全く逆に握れば右バッターの外角に滑るように落ちます。

投げ方

投げるときは手首を固定せずスナップを利かせるようにし、ストレートと同じ感覚でリリースします。そうすると若干縦回転がかかり、バッターにフォークだとばれにくくなります。落差が欲しいときはしっかりスナップを利かせます。

逆に手首を固定して投げれば、回転が殺されてスピードが落ち、チェンジアップのような効果も得ることができます。

テイクバックのときはほとんど人差し指と中指だけでボールを握ります。そしてリリースの直前で写真の様に指をそろえます。これはリリースの瞬間だけボールに握力を加えるためだと思われます。

球速

135㌔~145㌔

変化の特徴とバッターの反応

ストレートの軌道からバッターの手前で急激に落ちます。握り方によって若干左右に滑るように落ちます。
バッターはスウィングの途中でフォークだと気付きますが、大抵は力ない空振りになります。見逃されると大抵はボールになりますが、追い込んだ後の見逃しはほとんどありません。

狙いどころ

カウントや状況によって落差をコントロールしていた佐々木主浩。例えば、ゲッツーが欲しい場面では、あえて落差の小さなフォークで外角低めに投げ込こみバッターを引っ掛けさせます。三振が欲しい場面では、落差の大きなフォークでど真ん中に投げ込み空振りを誘いました。

余談

佐々木は野球人生最後までストレートとフォークだけでやりぬきました。

佐々木が学んだことは、フォークは「落差よりもフォークだとばれないこと」、だったそうです。その結果、このように縫い目に掛けるフォークの握りにを編み出し、無回転にするよりもあえて回転を加えることでバッターを惑わせたのだそうです。

[スポンサードリンク]

握り方画像

佐々木主浩フォーク握り方

佐々木主浩フォーク握り方

佐々木主浩フォーク握り方

佐々木主浩フォーク握り方

関連動画

<align=center>

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ