前田健太投手 チェンジアップの握り方・投げ方

球種別[オーバースロー, チェンジアップ, 前田健太]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

前田健太投手のチェンジアップの握り方・投げ方を研究します。

握り方

2シーム型のサークルチェンジの握り方です。中指と薬指を縫い目にかけますが、様々な記事を見る限りかなりアバウトな感じで握っているようです。人差し指と親指は指先であわせボールの側面に添えます。その反対側に小指を沿えボールを固定します。こうして握るとボールが指の付け根付近で固定されるようになります。

投げ方

とにかく「抜く」感覚でリリースします。抜く感覚がいつもできるようになれば、コントロールも付くようになるそうです。

球速

110㌔~120㌔
前田健太投手のストレートが140㌔後半なので、約20㌔から30㌔程度遅いことになります。

変化の軌道とバッターの反応

右バッターの内角低めの方向に沈み込んでいく軌道を描きます。前田健太投手の持ち球でチェンジアップの球速に最も近い変化球はスライダーなのですが、変化の方向が全く逆なので、追い込まれるとバッターは対応が難しくなり、空振りすることが多くなるようです。

狙いどころ

右バッターの足元に沈み込む軌道をイメージして投げます。左バッターの場合も外角低めを狙います。

余談

前田健太投手自身は、チェンジアップはプロ入り前から習得していたようですが、現在の握り方は元広島監督のブラウン監督から教わったものだそうです。それまでは、わしづかみやシンカー系の握り方を試していたそうですが、あまりしっくりこなかったとのこと。フォークやスプリット系の変化球が苦手なのだそうで、前田健太投手がボールを沈ませることのできる唯一の変化球だといえます。

[スポンサードリンク]

握り方画像

   前田健太チェンジアップ握り方

前田健太チェンジアップ握り方

前田健太チェンジアップ握り方

前田健太チェンジアップ握り方

 

参考動画

前田健太投手の2013年のWBCに出場したときの動画です。 40秒付近から投げる一球がチェンジアップです。中継画面では球種が表示されません。


 前田健太投手のその他の変化球

他のピッチャーのチェンジアップの握り方・投げ方

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ