千賀滉大 フォークの握り方・投げ方

球種別[オーバースロー, フォーク・スプリット, 千賀滉大]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

豪腕投手千賀滉大投手のフォークです。

握り方

人差し指だけ縫い目にかけてボールを挟みます。千賀投手は中指の力が強いため、どちらの指も縫い目にかけずに投げると、スライダー回転してしまいうまく落ちなかったためなのだそうです。両指のバランスをとるために考えた結果、この握りに落ち着いたのだそう。

握り方は浜の大魔神佐々木主浩とよく似ていますが、佐々木がコントロールのために縫い目に掛けていたのとは少し理由が異なります。

空振りを狙う時は、親指の位置をさらに人差し指側に近づけます。そうするとスピードは若干落ちますが、落差が増し空振りを奪うことができるのだそうです。

投げ方

ポイントは手首を使わないこと(手首を立てたまま引っかくように振り下ろす)、ストレートと同じ腕の振りを意識することです。

[スポンサードリンク]

[PR]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ