大谷翔平投手 フォークの握り方・投げ方

球種別[オーバースロー, フォーク・スプリット, 大谷翔平]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

 二刀流大谷翔平投手のフォークの握り方・投げ方です。

握り方

ボールの縫い目が広がっていく部分を人差し指と中指で挟み込みます。ツーシームの方向で握ります。親指は人差し指の下の縫い目に原の部分で添えます。薬指と小指は曲げて握り、薬指の第一関節と第二関節の間に縫い目が来るようにします(握り方画像はページ下)

投げ方

ストレートと同じようにしっかり腕を振って投げます。

球速

140㌔~151㌔

ストレートが速い分、普通のピッチャーのストレート並の速度で落ちてきます。2014年最終戦で151㌔のフォークを計時しました。

変化の軌道とバッターの反応

 大谷翔平投手のフォークは、テレビ中継を見る限りでは、若干シュート気味に落ちているように見えます。特に左バッターに対しては意識的にそのようにやっている可能性があります。左バッターがボールを追いかけながら泳ぐように空振りをするシーンがよく見られます。

大谷翔平投手は、追い込んでから積極的にフォークを投げる傾向があり、そのためバッターは追い込まれる前にしとめようと早いカウントから積極的に振ってくるようになります。

[スポンサードリンク]


握り方画像

大谷翔平フォーク握り方

大谷翔平フォーク握り方

大谷翔平フォーク握り方

大谷翔平フォーク握り方

参考動画

 

大谷翔平投手のその他の変化球の握り方・投げ方

その他のピッチャーのフォークボール・スプリットの握り方・投げ方

[PR]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ