岩田慎二のマジカルフォーク

球種別[スリークォーター, フォーク・スプリット, 魔球]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

中日岩田慎二投手のフォークが魔球です。

握り方はいたって普通のフォークの握り方ですが、スローで見る限りボールが手から離れてキャッチャーミットにおさまるまでに、わずかに1回転から2回転程度しか回転していないようです。ほとんどナックルボールのような変化をしています。

この魔法のような変化をするフォークに「マジカルフォーク(魔法のフォーク)」と名づけられています。

(同僚の山内壮馬投手名付け親です

一般的にナックルボールは「無回転」のボールだといわれますが、実際は違います。実際は磐田慎二投手のマジカルフォークのように、1回転から2回転程度回転しているのです。

もしこの回転がまったくなければ、実はナックルボールが揺れることもありません。このわずかな回転によって、途中で左右の空気抵抗に差が生まれ、それが「揺れる」ような変化に見えているのです。(ピッチャー自身は回転を与えずに投げて、ボールのわずかな傾きが空気抵抗差を生み、その結果ボールが回転しているのか、あえて初めから少しだけ回転を加えて、その結果ボールが変化しているのか、そのあたりはもう卵と鶏の議論ですね)

岩田慎二投手のマジカルフォームもまさにこのナックルボールと同様のメカニズムでこの魔法のような変化をしていると考えて良いようです。

ただし、メジャーリーガーのナックルボーラーが投げるナックルと異なる点があります。

それはスピードです。

通常、ナックルボーラーの球速は110㌔から120㌔前後ですが、岩田投手のマジカルフォークは120㌔後半を計時します。それは握り方がフォークの握りであるため、腕をしっかり振ることができるからです。ナックルボーラーが投げるナックルは回転をなくすことが目的なので、どうしても腕の振りが遅くなってしまうのです。

球速が速い分、沈まずに真横に変化したり、バッターの手元で急激に沈んだりと、ナックルボールよりも多彩な変化を見せます。(もっとも最近のR.A.ディッキーのナックルボールは80マイル(約128㌔)を計時しているのであまり変わらないといえば変わらないのですが…)

こちらがその動画です。

中日のベテラン捕手谷繁選手がパスボールをするほど、多彩な変化をしています。投げている本人も「ボールに聞いてくれ」と言っているほど、コントロールできていないようです。実際にテレビ中継を見ていて、バッターの手元で鋭く変化しているボールを目の当たりにすると、これまで見てきた変化球とは一線を画していることが一目瞭然です。

個人的には、メジャーのナックルボーラーのようにこのフォークばかりを投げてみて欲しいところなのですが、どうやらこのコントロールに難があるためにまだまだ改善の余地があるようです。

また岩田投手はストレートのスピードが平均130㌔後半とそれほど速くありません。そのあたりが、岩田投手の課題だとも言われています。

 

2014年は1軍2軍を行ったり来たりのシーズンですが、2014年5月の初登板では1回を投げ、3者連続3球三振というすばらしい結果でした。ストレートは140㌔にも満たない速さでしたが、バッターの頭にマジカルフォークの印象がインプットされているのか、どのバッターもストレートの見逃しが多かったように思います。

今後このマジカルフォークに磨きをかけて更なる活躍が期待できそうです。

[スポンサードリンク]

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ