岸孝之投手 チェンジアップの握り方・投げ方

球種別[オーバースロー, チェンジアップ, 岸孝之]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

岸孝之投手のチェンジアップの握り方・投げ方です。
岸孝之投手というとカーブをイメージしがちですが、実は近年はチェンジアップを決め球として多く使用しています。

握り方

親指と人差し指で縫い目にかけながらゆるくOKサインを作ります。中指の付け根付近でボールを乗せるようにし、中指薬指小指は軽く浮かせます。縫い目にかかっているのは親指と人差し指だけですが、中指と薬指の第二間接辺りにも縫い目がかかります。(握り方画像は下部)

投げ方

ストレートと同じ腕の振りで投げます。リリースの瞬間は中指・薬指の指先は浮かせるようにして、ボールに力が加わらないようにしているようです。

球速

125㌔~130㌔
岸投手のストレートの球速が145㌔前後なので、15㌔~20㌔くらいの球速差になります。

変化の軌道とバッターの反応

岸投手のチェンジアップはまっすぐ縦に沈む軌道を描きます。シンカーやスライダーのように斜めにはあまり落ちないようです。岸投手というとどうしてもカーブの印象を持ってしまいがちで、バッターも打席ではカーブを警戒せざるを得ません。そのため、カーブとストレートを警戒しているとその中間の球速を持つこのチェンジアップが突然来た時に、タイミングが合わせずらくなります。

腕の振りが全く同じ上に、岸投手のストレートとカーブの存在が相乗効果となって、岸投手のチェンジアップはより大きな脅威となっています。

狙いどころ

とにかく低めを狙って投げます。

余談

岸投手の配球はカーブとストレート中心だと思われがちですが、実はチェンジアップもカーブと同じくらい投げています。岸投手自身は、自分の持っている変化球を出し惜しみしていたら抑えられない、と話しているとおり、持ち球全てをほぼ均等な割合で投げているようです。

[スポンサードリンク]


握り方画像

岸孝之チェンジアップ握り方

岸孝之チェンジアップ握り方

岸孝之チェンジアップ握り方

岸孝之チェンジアップ握り方

参考動画

2014年オールスターでの岸投手の投球です。最初のエルドレッド選手に対して3球ストレートを投げた後、4球目にチェンジアップを投げます。
エルドレッド選手は全くタイミング合わずでした。

 

岸孝之投手のその他の変化球
その他のピッチャーのチェンジアップを見に行く

[PR]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ