摂津正 カーブの握り方・投げ方

球種別[オーバースロー, カーブ, 摂津正]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

摂津正投手のカーブの握り方・投げ方を研究します。

握り方

中指と親指を縫い目にかけます。中指と親指が対角線上に来るようにボールを握ります。人差し指は中指にそえるだけです。この握り方は工藤公康投手の握り方とほとんど同じです。(握り方画像はページ下)

投げ方

 肘をしっかりとしならせてからボールを出してきます。リリースするときは手首を体の内側方向に曲げた状態で、手の甲をキャッチャー方向に向けてリリースします。フォーシームのストレートと逆の回転を加えるイメージです。

球速

 103㌔~107㌔。
球速は安定しています。

変化の軌道とバッターの反応

 摂津投手のカーブの軌道は主に縦の変化のみで横の変化はわずかに右バッターの外角にずれる程度です。しかしバッターは摂津投手の決め球、シンカーが頭にあるので、ゆるいカーブが来ると大きくタイミングを崩されてしまうようです。

狙いどころ

 真ん中から外角低めに落ちてくるコースを狙います。

余談

 摂津投手が人生で最初に覚えた変化球だそうです。今でも最も信頼が置ける変化球で、ブルペンに入るときにはまず最初にカーブを投げて今日の状態を確かめるのだそうです。カーブが縦にきれいに落ちれば調子がいいけれども、それが左右に大きくずれる時は、あえてカーブを多めに投げて投球フォームのバランスを調整するのだそうです。

[スポンサードリンク]

握り方画像

摂津正カーブ握り方1

摂津正カーブ握り方2

摂津正カーブ握り方3

摂津正カーブ握り方4

 

参考動画

摂津投手のブルペンの動画です。ストレートを投げる前にまずカーブを2球投げていますね。キャッチャーミットに吸い込まれるような軌道が印象的です。

 摂津正投手のその他の変化球の握り方・投げ方

その他のピッチャーのカーブの握り方・投げ方

 

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ