杉内俊哉投手 カーブの握り方・投げ方

球種別[カーブ, スリークォーター, 杉内俊哉]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

杉内俊哉投手のカーブの握り方と投げ方を研究します。
2014年現在、杉内投手はカーブを投げることはほとんどありません。

握り方

人差し指と中指を縫い目にかけます。ボールは比較的深く握ります。親指はややまげて握りますが、縫い目にはかけません。薬指の第二間接付近に自然と縫い目がやってきます。

投げ方

やわらかいゴムボールで投げるカーブのイメージで、リリースの瞬間に回転を加えます。

球速

115㌔~125㌔
カーブを投げるピッチャーの中では比較的速いほうです。

変化の軌道とバッターの反応

バッターのタイミングを狂わせるというよりは、変化の大きさで空振りを取りにいくカーブです。真ん中高目から右バッターの内角低めに沈み込んでいくように曲がりながら落ちていきます。うまく沈めば空振りを取ることができ、バットにあったってもファウルになることが多いようです。

狙いどころ

右バッターの内角低めに落ちる位置を狙います。

余談

高校時代から決め球として使用してきた杉内投手のカーブ。マウンドとホームベースの間にネットを立ててホームベースの位置にはタイヤを置いて、そのタイヤの穴にボールを落とす練習をしていたそうです。いったんふわっと浮き上がって、急激に落ちてくる軌道の練習です。

その決め球も現在は封印中とのこと。理由は以前とリリースポイントが変わってしまい、カーブを投げると肩が痛くなってきてしまうのだそうです。

2012年頃までは盛んに投げていたようですが、ジャイアンツに移籍した2013年からは全く投げていないようです。

[スポンサードリンク]

握り方画像

 杉内俊哉カーブ握り方

杉内俊哉カーブ握り方

杉内俊哉カーブ握り方

杉内俊哉カーブ握り方

 参考動画

杉内投手の古い動画の中にカーブを投げているシーンがありました。理想どおりの右打者の内角低めに落ちて空振りを取るシーンです。39秒付近からの一球です。


 

杉内俊哉投手のその他の変化球について調べる
他のピッチャーのカーブについて調べる

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ