カットボール系変化球の握り方と投げ方

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

カットボール(カットファストボール)とはストレートの軌道から、バッターの手元でボール1個から2個程度変化する変化球をいいます。高速スライダーと混同して説明しているサイトも見受けられますが、スライダーとカットボールは根本的に目的が異なります。空振りやカウントを取りにいくスライダーとは異なり、カットボールはどのカウントからも一球で仕留めてしまう、そんな変化球です。

カットボールの歴史

カットボールを最初に投げ始めた人が誰なのかは定かではありません。なぜなら、カットボールと同様な変化をするストレートを投げるピッチャーは昔から沢山いたからです。そのようなストレートは、「ブービングファストボール(動く速球という意味)」や「シンキングボール(ストレートの軌道でありながらわずかに沈むボール)」などと呼ばれていました。

そういうストレートを意識的に投げるピッチャーが増え始めた2000年代初期から、メジャーリーグで「カットファストボール」「カットボール」あるいは単に「カッター」と呼ばれるようになってきました。

日本では、2003年頃からこのような名前で呼ばれるようになりました。それ以前には「マッスラ(真っ直ぐとスライダーの間という意味)」と呼ばれていましたが、意図しないマッスラは監督に修正されたものでした…。

マッスラを最初に投げた人というのももちろん誰なのか定かではありません。元楽天監督の野村克也氏は皆川 睦雄氏が日本で最初に変化球としてカットボールを投げたピッチャーだと言っています(世界初だとも…)。

2000年代中期にはカットボールを決め球にするピッチャーも多く現れ、日本プロ野球界では川上憲伸投手が有名でした。メジャーでは言わずと知れた元ヤンキースのマリアノ・リベラ投手が最も有名です。リベラ投手のカットボールは150キロ以上の球速で20センチ以上も動いたといわれています。リベラ投手はこの変化球一つで通算609セーブをあげました。

カットボールの特徴

カットボールはストレートの軌道から、バッターの手元で利き腕とは逆の方向にボール一個から二個分動く変化球です。ストレートとほとんど同じ球速か5㌔くらい遅い速度で変化します。まれに斜めや縦に変化するピッチャーも居るようです(ロッテの内竜也投手など)。シュートと逆の方向に変化する球と表現するピッチャーもいます。

バッターから見るとストレートだと思って振りに行った球が手元で急に変化するため、バットの芯で捉えることが難しくなります。そのため、内野ゴロや内野フライに打ち取られることが多くなります。

カットボールを決め球にするピッチャーの多くが口をそろえるのは、「カットボールは見逃されてはいけない」ということと「いかにストレートだと思わせるか」(回転も含めて)です。見逃されるほど変化が大きかったり、バッターのずっと手前で変化し始めたりするカットボールは決して有効なカットボールではありません。ベイスターズの三浦大輔投手は変化の大きさはボール半分でもいいといっているほどです。

その結果、カットボールはどのカウントからも、打つ気満々なバッターを一球で仕留められる、そんな変化球になり得るのです。このあたりが、空振りを狙うスライダーとは根本的に異なるところです(もちろんリベラ投手のように空振りをとれるカットボールを投げるピッチャーも存在します)。

下の動画はそのマリアノ・リベラ投手のカットボールです。一般的なカットボールの例としては挙げるには少しレベルが高すぎるかもしれません。ただ高速で横滑りしている様子を動画で確認できるのはリベラ投手くらいだともいえます。


分かりやすい動画がアップされていたので追加します。(追記:15.12.18)


実際に、日本のプロ野球中継のように、斜め後ろから中継されるとカットボールなのかストレートなのか見分けることは困難です。

[スポンサードリンク]

カットボールの習得

カットボールの習得は実はそれほど難しくありません。しっかりとしたストレートが投げられるピッチャーであれば、比較的容易に習得することができます。またほとんどのピッチャーが、フォーシームのストレートの握り方から、少しだけ中心をずらして握って投げています(新垣渚投手やダルビッシュ有投手のように、まれにツーシームの方向で握っているピッチャーも存在します)。

投げるときのコツには2タイプ存在します。一つはストレートと同等に腕を振るタイプで、もう一つはリリースの瞬間に若干指先に力を入れて回転を加えるタイプの2タイプです。これらは「曲がるストレート」という発想から編み出されたのか、「曲がりの少ないスライダー」という発想から編み出されたのかの違いに由来しているようです。

もし皆さんがスライダーを習得しているのなら、そういう発想からカットボールが生まれる可能性があることもぜひ覚えておくと良いと思います。

プロ野球投手のカットボールの握り方・投げ方 

杉内俊哉投手 カットボールの握り方・投げ方

金子千尋投手 カットボールの握り方・投げ方

マリアノ・リベラ投手 カットボールの握り方・投げ方

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

このページの先頭へ