田中将大投手 チェンジアップの握り方・投げ方

球種別[オーバースロー, チェンジアップ, 田中将大]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

2013年シーズン24連勝を記録した田中将大投手のチェンジアップの握り方・投げ方です。
実は田中将大投手は日本で活躍していた頃は、チェンジアップをそれほど投げていませんでした。海を渡り、メジャーの新しいボールを握り始めてから本格的にチェンジアップを投げ始めたのだそうです。

握り方

人差し指と中指を縫い目に沿わせるようにして軽くはさみます。親指と薬指はちょうどボールの反対側に来るように添え、小指も自然に添えます。一般的な「サークルチェンジ」や「バルカンチェンジ」の握り方とは異なっていて、他の投手ではあまり見られない田中将大投手独特なチェンジアップの握り方だと言えます。ただ、下の「投げ方」でも書いていますが、リリースの瞬間は中指を立てているようなので、その形は杉内俊哉投手のチェンジアップに近いといえます。(握り方画像はページ下)

投げ方

ストレートと同様の腕の振りで、抜く感覚(ボールに回転を加えないように)で投げます。投げる瞬間は中指は立てた状態でリリースしているようです。下の写真は田中将大投手は侍ジャパンメンバーの時にチェンジアップを投げているところです。中指だけ立ててリリースすることで、ボールを抜きやすくしているようです。

 田中将大投手チェンジアップの投げ方

球速

125㌔~134㌔
ストレートより20㌔程度、スプリットより10㌔~15㌔程度遅い球速です。

変化の軌道とバッターの反応

メジャーに渡ってから、スプリットを投げるとワンバウンドになることが多かった田中将大投手。ところがチェンジアップがスプリットと同様の変化をしてくれることが分かったのだそうです。実際に対戦したフィリーズのドモニク・ブラウン選手は、田中将大投手のチェンジアップを見て、「すごいスプリットだった」とコメントしていました。実際によく落ちているようです。

その結果、我々がテレビ中継や動画などを見ても、スプリットとチェンジアップの違いを見分けることが難しくなりました。(球速で判断するしかありません)

余談

メジャーに行く前は、日本で決め球として使用したスプリットがメジャーでも通用するかどうかが鍵だといわれていました。しかしメジャーのボールを実際に投げてみると、チェンジアップがスプリットと同様の変化をしてくれることが分かり、スプリットの調子が悪いときにはチェンジアップを使用していたそうです。

[スポンサードリンク]


握り方画像

 田中将大チェンジアップ握り方

田中将大チェンジアップ握り方

田中将大チェンジアップ握り方

田中将大チェンジアップ握り方

田中将大投手のその他変化球の握り方・投げ方
他のピッチャーのチェンジアップの握り方・投げ方

[PR]

 

 
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ