菊池雄星投手 スライダーの握り方・投げ方

球種別[オーバースロー, スライダー, 菊池雄星]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

菊池雄星投手のスライダーの握り方・投げ方です。菊池雄星投手が最も信頼を置いている変化球で、全投球の25%程度を占めます。

握り方

フォーシームのストレートの握りから少しボールを回転させたような握り方です。人差し指と中指の腹の部分を縫い目にかけます。親指・薬指は縫い目にかけません。

握り方画像

菊池雄星スライダー1

菊池雄星スライダー2

菊池雄星スライダー3

菊池雄星スライダー4

投げ方

リリースの瞬間、地面にたたきつける様なイメージでしっかりと腕を振ります。

狙いどころ

クロスファイヤー(左投手が右バッターの内角方向に投げること)を基本とする投球スタイルの菊池雄星投手。スライダーも右バッターの低めを狙っていきます。わざとワンバウンドさせるくらいの低目のコースを狙っているようです。

球速

128㌔-141㌔

2015年からスライダーの速度が速くなってきているようです。

 変化の軌道とバッターの反応

ストレートと同じような軌道から、突然壁に当たるように右バッターの膝元に沈み込んできます。ワンバウンドするような低めの球に手を出して三振するシーンをよく見かけます。

[スポンサードリンク]

参考動画

スポーツニュース番組にて亀梨和也さんがキャッチャーをする企画で菊池投手がスライダーを投げています。キャッチャー目線でスライダーの変化を見ると、ストレートの軌道から突然食い込んでくる様子がよく分かります。

ブルペンでの菊池雄星投手のスライダーです。

[PR]
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

コメントを残す

このページの先頭へ