伊藤智仁投手の変化球

  • LINEで送る
  • follow us in feedly

伊藤智仁投手 スライダーの握り方・投げ方

伊藤智仁スライダー1

いまや伝説にもなったヤクルト伊藤智仁投手のスライダーです。高速スライダーとも言われ、全盛期は130㌔後半のスピードで突然打者の手前で急激に曲がるその変化はもはや漫画の世界。人差し指と中指を縫い目にかけて握り、投げるとき瞬間に強烈な横回転を加えます。全盛期の頃は右バッターの背中をめがけて投げていたそうです。

このページの先頭へ