CATEGORY スライダー

スライダー系の変化球についてまとめます。

伊藤智仁投手 スライダーの握り方・投げ方

いまや伝説にもなったヤクルト伊藤智仁投手のスライダーです。高速スライダーとも言われ、全盛期は130㌔後半のスピードで突然打者の手前で急激に曲がるその変化はもはや漫画の世界。人差し指と中指を縫い目にかけて握り、投げるとき瞬間に強烈な横回転を加えます。全盛期の頃は右バッターの背中をめがけて投げていたそうです。

スライダー系

スライダーとは、利き腕とは逆の方向に曲がる、あるいは斜めに変化する変化球です。球速は120㌔から130㌔台が最も多く、130㌔台後半では、「高速スライダー」と呼ばれることもあります。現代のピッチャーの多くが持ち球としてあげる変化球です。プロ野球投手のスライダーの握り方や投げ方、変化の様子は様々です。自分の肘の高さに近いピッチャーから試してみるといいでしょう。